strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Spring Operator×2
髪の毛Rigを仕込もうとして、以前から知っていましたがまともに使ったことのない「スプリングオペレーター」をちゃんと使ってみました。
XSI道場さんにもサラッと記載されていますが、簡単に言うと「2つのオブジェクト間でスプリングをシミュレートする」機能です。
何故か、標準では使えないようでスクリプトでの適用になります。
もしかして隠し機能? とか、思ってしまいますが、Animate」→「作成」→「スケルトン」→「尻尾の作成」で、しっかりこの機能を使っているので、意図して隠しているわけではなさそうですね。
SDKの方のマニュアルにも記載がありますが、絶対これじゃあ使い方分からないって……(続きは↓から)

で、使ってみますが、まずマニュアル上の「エフェクタ」(駆動する方)を選択肢、次に「スタート」(基点)を選択してスクリプトを実行します。
SpringOP_01
で、そのスクリプトですが、は何故か二種類あります。
XSI道場さんには、「旧」「新」で記載されていますが
機能が少ない方が「旧」
ApplyOp("Spring", null, null, 0);
SpringOP_02

機能が多い方が「新」
ApplyOp("SpringOp", null, null, 0);
SpringOP_03
スクリプトのオプションについては正直分かりませんが、調べてみた結果、オペレーター名の後ろのは適用するオブジェクト名が入るようです。
最初に「エフェクタ」を指定し、カンマで区切って、「スタート」を指定します。

ApplyOp("Spring", selection(0)+","+ selection(1), null, 0);
selection(0) = 「エフェクタ」(駆動する方)
selection(1) = 「スタート」(基点)

これは、両方のオペレーター共通のオプションです。
これを使えば、複数のオブジェクトに適用するスクリプトが組めます。
と言うか、今組んでる最中ですが、機能をどうするかはちゃんと使ってみないと確定できないので……

複数にも当然適用出来、数珠繋ぎではこんな感じになります。
SpringOP_04
ちなみに、「旧」では、ボーンのエフェクタに適用できるのですが
SpringOP_05
「新」では動きませんでした。
SpringOP_06
なので、「新」では違うヌルにスプリングを適用し、エフェクタをそれにコンストレインするのがイイと思われます。
SpringOP_07

スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/73-f90b30b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。