strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Ambient Occlusion色々
XSIってなにげにオークルージョンが多いような気がするんですが……
と言っても、他のソフトはLWしか知らないので、比較サンプルが少な過ぎまね。

で、Wikiを作ったときに、色々見てみると……
標準搭載の
XSI Ambient Occlusion Shader(標準)
Architectural_Material(建築)

フリーでは
Tek2Shoot
Ambient Occlusion(XSI Ambient Occlusion Shaderとほぼ同じノード)
FG_Occlusion(FGがオンの時に使える)

BinaryAlchemy
BA_raylength(オプションでオークルージョンを選択)

Ctrl Studio
ctrl_occlusion(Ctrl Studio製を誰かが移植)

animusartis
Dirtmap(ダートマップというんですが、オークルージョンとほぼ同じ)

Mia Materialは「建築」と同じノードなので、割愛します。
同じノードがありますが、7種類
どれがどういいのか、さっぱり~
ということで、比べてみようと思いましたが……(続きは↓から)

それぞれが、それぞれのパラメーターがあって、純粋にスピードを比べることは出来ませんね。
Mia Material(建築)は、機能の一つとしてオークルージョンがあるので、特にスピード面では不利かな?と……
でも、まぁいいか。

シーン設定は
Ambient = 0
Light = 0

で、照明は全くなし。
ちなみに、ライトの明るさを0にしても、シーンからライトを削除しても、レンダ時間は同じでした。

レンダー設定は「Junki」さん推奨設定?
Min = -1
Max = 2
SC = 0.05


時間は二つのマシンでやってみたました。
上→Athlon64 4200+(Dual Core)
下→Athlon64 3800+(Single Core)


「XSI Ambient Occlusion Shader
XSIAnbOcc_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 47s : 172ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 1m : 20s : 187ms

標準なので、普通?なのかな。 パラメーターは
サンプリング 64
スプレッド 0.88
距離 5
これらは似たようなパラメーターが他にもあるので、これを基準にして他と比べてみます。

「Architectural_Material」
Mia_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 46s : 828ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 1m : 20s : 922ms

こちらはオークルージョンのパラメーターが少ないですね。
それに、総合シェーダーながら、スピードも遅くならなかった。

「T2S Ambient Occlusion」
T2S_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 47s : 672ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 1m : 21s : 531ms

標準のと同じパラメーター+「Labels」パラメーターという感じです。
標準はこの旧バージョンを使っているのかな? 時間もほぼ同じでした。

「T2S FG_Occlusion」
T2S_FG_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 28s : 500ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 43s : 890ms

このノードだけは特殊で、レンダー設定でFGをオンにしないと結果が出ません。
パラメーターの少ないので、コントロールは難しいかも? あと、ちょっとボケ気味。
しかし、速い!

「BA_raylength」
BA_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 48s : 984ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 1m : 22s : 406ms

スピードは普通ですが、解説を見るとこのノードは透明でもOKと言うことらしいです。
これが他にない特徴なのかも?

「ctrl_occlusion」
Ctrl_Studio_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 41s : 438ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 1m : 9s : 984ms

パラメーターは一番多いんじゃないでしょうか? とにかく、弄れる箇所がいっぱいあります。
今回は基本的な部分しか使っていませんが、最適化の余地は多々ありそうです。

「Dirtmap」
DirtMap_Main
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 0m : 42s : 0ms
// INFO : [Strato]1Frame Render Time => 0h : 1m : 9s : 813ms

ダートマップといいながら、パラメーターは他のオークルージョンとほぼ同じ。

そのノード特有の機能を使いっていないので、一概にどれがいい・速いとは言い切れません。
どれも極端に遅いわけでもなく速いわけでもなく、結局はパラメーターとか検討して、使いやすいヤツ使えってことですか?

スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/66-fc800a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。