strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Script 「SorceImage to Tool」 V1.2
「SorceImage to PhotoShop」、違う環境のPCでエラーが出たので、改変してみました。
任意のツールからイメージファイルを開くことが出来るようにしました。
前のファイルは削除!
C:\users\ユーザー名\Softimage\XSI_6.02\Application\Plugins\
にコピーしてXSIを再起動

「プリミティブ」→「Sorce_Image_to_Tool」からコマンドを実行出来るようになりました。
では、(・∀・)つここに置いておきます。

P・S
ツール作りっていろんな意味でハマるなぁ。
「作って便利になる」
   ↓
「満足感が得られる」
   ↓
「もっと便利にしたい欲求に駆られる」
   ↓
「機能を拡張していく」
   ↓
「最初に戻る」
の繰り返しで、際限がない。
創作が進まなくなるよ~
 ・゚・(つД`)・゚・
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント

これは、激しく便利です。スヴァらしいです。ありがとうございます。

ただ、イメージソースを選んだ状態しか受け付けないので、いちいちエクスプローラを開くのがちょっとめんどくさくて。 なので、勝手に改造しちゃいました。 イメージソース、イメージクリップ、マテリアル、オブジェクトのどれを選んでいても実行可能にしてみました。

お渡ししたいんだけど、どうしたらいいですかね。えっと、後でどこかにダウンロードできるよう置いておきますかね。 よろしければ次バージョンなどに組み込んで頂きたく。

ところで、こんなのもありますがご存知でしたか。
http://www.kim-aldis.co.uk/index.php?option=com_content&task=view&id=45&Itemid=59

あの Kim Aldis さんです。イメージソースのPPGにフォトショップで開くボタンを作る方法ですね。自分はめんどくさくて試してはいないのですが。 でも、Stratoさんのこのツールの方が便利だと思います。
Get > Primitive もいいけど、コンテキストメニューの方がいいような気もしないでもないか・・・。 ま、きっと自分は XPOP に入れますが。
【2008/01/16 16:46】 URL | junki #- [ 編集]


http://homepage3.nifty.com/jjj/XSIFiles/etc/tmp/St_SImage2Tool_mod.js
ここに置いておきました。よろしければ見てみて下さい。
【2008/01/16 17:21】 URL | junki #- [ 編集]


>junki様
これは凄い! と言うか、マテリアルやらからイメージを摂取できるのを知りませんでした。
勉強になります。
一応内容を理解してから、バージョンアップさせていただきます。

>こんなのもありますがご存知でしたか。
はい。 というか、ここを見て、フォトショップが起動できることを知りました。
しかし、その下の内容までは理解してませんでした。
SPDLを弄るようなので、敷居が高いし、怖いですよ~

>コンテキストメニューの方がいいような気もしないでもないか・・・。
コンテキストメニューは、そこまで勉強していないので、のちのちやってみます。

色々ありがとうございます。
【2008/01/17 14:58】 URL | strato #SFo5/nok [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/63-efdacb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。