strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
間接補正系プラグイン Dual quaternion(その2)
前では絶賛しすぎたような気がするので、今回はちょっと欠点?をば
まず「潰れない」と言うことは、「潰れない処理=一部を膨らましている」と言うことなのか
エンベロープウェイトの値によっては、思わぬ膨れが出てしまいます。
XSI_PlugIn80
これらはプラグインにパラメーターがないので、オペレーターからの調整は不可能。
エンベロープウェイトでボカしが多いと、特に膨らみ(Dual quaternionの効果?)が強いようです。
XSI_PlugIn81
※灰色の線は、標準のエンベロープ変形
(続きは↓から)

ボーンの位置によっても、どうなるか検証
XSI_PlugIn82
ボーンは中心を通す方がいいようです。
XSI_PlugIn83
※灰色の線は、標準のエンベロープ変形

ウェイトの対策は
効果が強く効いて欲しい場所は、エンベロープウェイトに強くボカしを掛け、
効果が弱く効いて欲しい場所は、エンベロープウェイトに弱くボカしを掛ける。

って、当たり前のことになってしまいます。
自分では、スムースオペレーターを使っているので、選択で分けることにするしかない。
XSI_PlugIn84
まぁまぁの変形だけど、この方法だと、分ける部分が多くなってきて複雑になってくる。
しかも、スムースオペレーターは選択されている部分が表示されないので、どこをボカしているのか分からなくなってくる。
XSI_PlugIn85
元々ウェイトのペイント簡略化したかったのに、これじゃあ本末転倒なような気がする。
下のGifは、スムースで処理したエンベロープをペイントで微調整したもの(いわば普通のやり方)
XSI_PlugIn86
素直にペイントした方がいいのかなぁ。

スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/53-b53d1a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。