strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
間接の補正(リラックス編)
LWにあったけどXSIにはない、間接補正の代替案、第二弾!
ということで、肘・膝などを綺麗に曲げる方法ですが、
外側が丸くなるのはウェイトで何とかなったけど、内側が凹むのはウェイトで対処は出来てません。
ですので、デフォーマーを使ってみます。 それが、ヘルプにもある
リラックスを使った間接補正
まぁ、エンベローブウェイトの値とか、メッシュの割り方で結構変わるので、どこまで参考になるのか分かりませんが、こういうのも出来るということで……

今回は「ウェイトマップ」で強弱も指定したいので、まずは肘関節を選択し、「プロパティ」→「ウェイトマップ」を作成
XSI_RigA0

今度は、作成されたウェイトマップを選択し、「リラックス」を適用します。
XSI_RigA1
※リラックスという名前のくせに、「Smooth」オペレータが適用される。
同じ機能なのでしょうがないけど、
( ・∀・)ワケワカラン♪

(続きは↓から)

「Smooth」オペレータは間接が曲げられた後に、効いて欲しいので、ドラッグして「Envelope Operator」の後に持ってきます。
XSI_RigA2
後は、腕を曲げて「スムースオペレーター」→「一般」→「強さ」をまず「20」にしてみます。
しかし、この時点では効果はありません。
XSI_RigA3
「強さ」には、先ほど作った「ウェイトマップ」が接続されていますが、ウェイトは全て「0」なので、当然です。
で、補正したい部分のウェイトを、とりあえず「100」で塗っていきます。
この時、オブジェクトを二つの画面に表示して、ペイント用の画面を「コンストラクションモードディスプレイ」→「現在のモードと同期」にすると、曲げた関節でもペイントしやすい。
XSI_RigA4

ペイント後、残りのパラメーターを、画面を見ながら調整します。
「アドバンスト設定」→「カーブタイプに制限」→「凸面」
「アドバンスト設定」→「外挿」→「0.25」
「カスタムフィルタ」→「カスタムフィルタ使用」→「ON」
「カスタムフィルタ」→「距離のタイプ」→「近傍」
「カスタムフィルタ」→「距離」→「1.25」

設定すると、画像のようになります。
※各パラメーターの数字は、メッシュやエンベローブウェイトの設定によって、結構変わると思われるので、よろ~!
XSI_RigA5
どうでしょう。 一応深いメリ込みが緩和されていますが……

あとは、「リンク」で腕が曲がった時に、「強さ」が上がるように設定します。
まずは、「強さ」「アニメーションアイコン」を右クリック 「リンク」を選択します。
XSI_RigA6
すると、リンク用の「Parameter Connection Editor」ウインドウが出てくるので、リンクさせたい対称のボーン(LForearm)を選択
「Parameter Connection Editor」に選択したボーンが表示されるので、そこからリンクさせたい回転軸(rotz)を選択し、「リンク」ボタンを押す
XSI_RigA7
これで、「強さ」「アニメーションアイコン」「リンク」されていることを示す、マークに変わります。
XSI_RigA8
で、また「強さ」「アニメーションアイコン」を右クリック 「相対値の設定」を選択します。
これで、「現在のrotzの値 = 現在の強さの値」に設定されます。
XSI_RigA9
もう一度、今度は腕を伸ばした状態にして、強さ「0」→「相対値の設定」を実行
XSI_RigB0
ちゃんと設定されていれば「アニメーションアイコン」をクリックすると、「FCurve Editor」が表示され、二つのキーが存在すると思います。
ちなみに、自分は腕を曲げるほど、効果を強くするようにしたいので、カーブをいじっています
(黒い線が、元のカーブで、白線が編集後のカーブ)
XSI_RigB1

で、動かして試してみよう。
XSI_RigB2
あ~、あんまり変わっていないような気がする。 Σ(゚Д゚)ガーン
けど、手間もそんなにかからないので、まぁいいかな?
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント

毎回為になる記事重宝しております。
http://www.softimage.jp/softimage/addon/tensionmap.html
まだ私は実験してないのですが
テンションマップなどいかがなものでしょうか。
【2007/11/07 14:55】 URL | land-y #JalddpaA [ 編集]


>Land-Y様
テンションマップは存在は知っていましたが、
日本語ページがあるのは、知りませんでした。
ありがとうございます。
ちょっと弄ってみた感じ、リラックスと相性が良さそうなので、そのうちUPしてみます。
では!
【2007/11/08 00:31】 URL | strato #SFo5/nok [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/43-6068e61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。