strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
XSI Fndにおける、ウェイトの転送
前に設定したエンベローブは、UVやらの作業で削除してしまい
今回はそれの復帰から………
XSI Fndで考えられるパターンは「envelope copy」
「Net View」にあるスクリプトです。
XSI_Env00
「Net View」から、「Main Shelf」にドラッグ&ドロップすると、使えるようになる。

まずは、頭と身体を「マージ」した後、エンベローブを設定します。
XSI_Env01
次に、エンベローブを設定したシーンから、身体を「モデル」で書き出し、それを対象のシーンに読み込む。
XSI_Env02
これで、準備完了 じゃあ、次に転送へ(続きは↓から)
XSIの公式HPにあるビデオを参考に、
http://www.softimage.jp/xsi/6/video/modeling.html#5
両方にエンベローブが設定された状態から、「転送先」のメッシュを選択
「envelope copy」を実行後、「転送元」を選択します。
XSI_Env03
デフォルトの設定だと精度が低いみたいで、ウェイトが崩れる箇所が出てくるので、
「References_per_Point」→「7」
「Speed_Optimization」→「0」
に設定して「OK」をクリック(ちょっと時間がかかります。 多分スピードオプティマイズを0にしたから)
XSI_Env04
どうやら上手く転送されたようなので、インポートした元のモデルは削除
XSI_Env05
同様にビキニにも、エンベローブを転送しました。
XSI_Env06
これでまた動かせる。 しかし!!
XSI_Env07
足を上げると、太腿がグニャリ!
何故? と思ってみたが、これを修正する方法XSI Baseで見たな。
もう一度リグの組み直しかよ。・゚・(つД`)・゚・
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/37-cf954234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。