strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
「Toon_Ink_Lens」で線を引く
と言うことで、最後の仕上げ?
Toon_Ink_Lens」の線が、書いて欲しくないところに、描画されています。
線を太くして、色もわかりやすい色にしながら作業します。
頭と身体は今のところ別オブジェクトなので、必ず線が引かれます。
目のハイライトと、目と顔の境目も同様……
XSI_Ink10

同じグループに設定すると、線が消えるらしいので
まずは「身体」「顔」「目」「目のハイライト」の、Toon_Paint_and_Host」→「継ぎ目」→「グループ」「1」に設定
XSI_Ink11
これで身体と顔の線はなくなりますが、目はなくなりません。
「目」「目のハイライト」のマテリアルのToon_Paint_and_Host」→「インク」→「バイパス」に設定
「目」の境目はこれでOKでしたが、「目のハイライト」が……
「透明度」→「サーフェイスインクの修正」を有効にすると、消えました。
XSI_Ink12
どうやらここでToon_Ink_Lens」が透明を判定させてるようです。(続きは↓から)
あと、髪の毛もいくつかの別オブジェクトで作製されているので、
髪のマテリアル全てを「グループ」→「2」に設定
XSI_Ink13
これで、消えましたが髪を編んでいる部分消えて欲しくない。
今までお団子と同じマテリアルだったので、ここは別のマテリアルにして、「グループ」→「3」
あと、編みの境目?にも、ラインが欲しいので
「インク」→「修正」→「ディレクションしきい値」「0.6」位にすると鋭角なラインに線が出る。
XSI_Ink14

あと、髪の頂点付近に出ているライン
XSI_Ink15
これはXSIの欠点?だと思うのですが、
鋭角にラインを出すオプションが、凹も凸も一緒みたいなんですよね。
LWのUnRealだと、凹と凸は別々に設定できたんですが……
これを解決するには、とりあえず該当するマテリアルの
Toon_Paint_and_Host」→「インク」→「修正」→「ディレクションしきい値」「2」にすると
いらない部分は消えるのですが、あって欲しい部分まで消えてしまいます。
XSI_Ink16
なので、「ディレクションしきい値(host_modify_detect_n_delta)」の右側にあるアイコンをクリックして、「範囲の変更」を接続
XSI_Ink17
更に「範囲の変更(Change_range)」「input」に、いつもの?「インシデンス」を接続
「範囲の変更(Change_range)」「0~1」「1~2」など、指定の範囲に変更するものです。
今回は「0→0.6」「1→2」に変更しました。 インシデンスはデフォルトの「サーフェス/カメラ」です。
XSI_Ink18
これで、カメラから角度が0°に近い「ディレクションしきい値」→「0.6」
90°でぶつかっている法線は「ディレクションしきい値」→「2」になるので、
主に尖った部分の線が消えます。
XSI_Ink19
まぁ、こんなもんだろうか。

最後にToon_Ink_Lens」
線の色・線の太さ・合成の設定を戻し
「サンプリング」→「サンプル」「10」とかにあげてやると、線が綺麗になります。
XSI_Ink20
なんかもっと煮詰めたい気もしますが、一応これでレンダ関連はもう終わり~
また身体のエンベローブ設定に戻るとしようか。
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/35-859ffcf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。