strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
3D-Coat Voxel編3
髪の毛の加工
形を整えるつもりで「クレイ」で頂点部分を少し凹ませる。
ブラシは主に外側にボカシの入ったものを使用。


後ろ髪の内側をやっぱり「クレイ」で削り、前髪も同様に削ってます。


「サーフェイスモード」から「ボクセルモード」に戻った時、ゴミが出ることがしばしば。
しょうがないので「スムース」で綺麗に。


しかし、また「クレイ」で削り。 場合によっては「ドロー」とか「移動」で大きく形を変えることもあります。

髪のラインにイメージしてブラシを動かしつつ、形を整える。

前髪と後ろ髪の境目がヘルメット状態だったので、なだらかにし
「sf埋める」&「sf埋める」(反転)&「スムース」を使い滑らかにする。


もみ上げは作り直しにした。
まずは、こんな感じの[かまぼこ]型オブジェクトを[.obj]ファイルで用意


それぞれのPCの【\My Documents\3D-CoatV3\VoxStamps】の好きなフォルダにそれをコピー
[splines]ウィンドウからコピーしたフォルダを開けば使えるようになります。


「オブジェクト」→「曲線」でメニューに出てきた[かまぼこ]を選択して、
移動・拡大縮小・回転で形を整え、もみ上げの出来上がり。
仕上げに角! こちらも「曲線」で作りました。


最後に「ボクセルモード」「埋める」&「埋める」(反転)&「スムース」を使い滑らかにする。


と言うわけで、全体でこんな感じ


これだけで見ると三分クッキング的な感じがするけど、
試行錯誤はアップしてないからそれなりに時間はかかってるんだよ。
でも、まだ完成じゃないけどね。
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://fstrato.blog78.fc2.com/tb.php/155-d3e47919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。