strato Blog
趣味でやってる3DCGを主に記していきたいと思います。 主使用ソフト LightWave 8.5 &XSI Fnd
プロフィール

fstrato

Author:fstrato
stratoのブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

3D-Coat Render Rig Toon Deform voxeling Texture Shader Script Hair ICE UV Animate Ritopology ModTool VertexColor Modeling 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
Ambient Occlusion色々
XSIってなにげにオークルージョンが多いような気がするんですが……
と言っても、他のソフトはLWしか知らないので、比較サンプルが少な過ぎまね。

で、Wikiを作ったときに、色々見てみると……
標準搭載の
XSI Ambient Occlusion Shader(標準)
Architectural_Material(建築)

フリーでは
Tek2Shoot
Ambient Occlusion(XSI Ambient Occlusion Shaderとほぼ同じノード)
FG_Occlusion(FGがオンの時に使える)

BinaryAlchemy
BA_raylength(オプションでオークルージョンを選択)

Ctrl Studio
ctrl_occlusion(Ctrl Studio製を誰かが移植)

animusartis
Dirtmap(ダートマップというんですが、オークルージョンとほぼ同じ)

Mia Materialは「建築」と同じノードなので、割愛します。
同じノードがありますが、7種類
どれがどういいのか、さっぱり~
ということで、比べてみようと思いましたが……(続きは↓から)

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
Script「Frame Render Time v1.8」
ハマりつつある。
なんかヤリ過ぎになってきた。

とりあえず、V1.8での追加機能は
「省略メッセージの追加」
「パス情報表示の追加」
「レンダー情報表示の追加」
「任意のファイル実行機能の追加」

大したことなさそうだけど、勉強しながら試行錯誤で大変だった。

前のファイルは削除
C:\users\ユーザー名\Softimage\XSI_6.02\Application\Plugins\St_Render_Time.js

あと「設定」→「Custom」→「StFrameRenderTime」を右クリックで削除

更に
C:\users\ユーザー名\Softimage\XSI_6.02\Data\Preferences\StSImage2Tool.Preset
のファイルも削除してから、XSIを起動してください。

これで「設定」内のパネルに色々追加されているはずです。

そろそろxsiaddonでのインストールも、勉強しないとダメかな。
問題がなければ一段落して、マニュアルHPでも作ろうかな。
時間がないのに、やりたいことが沢山だ。 ⊂⌒~⊃。Д。)⊃

では最後に、(・∀・)つここに置いておきます。

P・S
たまに、極短い時間でレンダータイムが表示されることがあります。
仕様です。 と言うか、レンダーツリーなどの小さなサンプルレンダも、イベントの対象になっているようなのです。
マテリアルが更新されると、その時間が出てしまうんです。


テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
SOFTIMAGE|XSI PlugIn & Tools
血迷ってみました。
http://fstrato.wiki.fc2.com/

3D系をやっていると、インターネットに出回っているPlugInの便利さを痛感します。 LWの時もそうでした。
おかげでプラグイン集めが楽しくなったりするのだけれど……
「プラグイン見つけた」
    ↓
「とりあえずダウンロード」
    ↓
「ふと思い出して使ってみようとする」
    ↓
「どのファイルだか分からない」
    ↓
「結局HP探しから始める」
    ↓
振り出しに戻る


このループを繰り返しています。
いつも、どうにかしようと思っているけど、正直面倒!
MAX系の「HALLUCINO」はスゲーよな~、とか思ってたりする。

じゃあ、メモ程度でも何かやってみるか? (・∀・)イイヨイイヨー
とか、
やめとけ、面倒だ。 ヽ(`Д´)ノウワァァン!!
という、心の言葉を気にしつつも、やれる範囲からやってみようと思ったりして……

ということで、自分の使っているものから、リスト化してみることにしました。
「自分用」の範疇を出ない程度のものだけど、ゆっくりやっていきます。。
しかし、カテゴリー分けムズー (-_-)

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
Script 「SorceImage to Tool」 V1.2
「SorceImage to PhotoShop」、違う環境のPCでエラーが出たので、改変してみました。
任意のツールからイメージファイルを開くことが出来るようにしました。
前のファイルは削除!
C:\users\ユーザー名\Softimage\XSI_6.02\Application\Plugins\
にコピーしてXSIを再起動

「プリミティブ」→「Sorce_Image_to_Tool」からコマンドを実行出来るようになりました。
では、(・∀・)つここに置いておきます。

P・S
ツール作りっていろんな意味でハマるなぁ。
「作って便利になる」
   ↓
「満足感が得られる」
   ↓
「もっと便利にしたい欲求に駆られる」
   ↓
「機能を拡張していく」
   ↓
「最初に戻る」
の繰り返しで、際限がない。
創作が進まなくなるよ~
 ・゚・(つД`)・゚・

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
Script 「SorceImage to PhotoShop」
またまたまた必要にかられての小規模スクリプト
とりあえず
C:\users\ユーザー名\Softimage\XSI_6.02\Data\Scripts
にでもコピーしてから、「Main Shelf」にでも突っ込んでください。

出来ることは単純です。
ソースイメージから編集したいイメージファイルを選んで「実行」
フォトショップでそのファイルが開きます。
XSI_Scr32
複数枚でもいけます。
選択しないで「実行」するとピックモードになるので、編集したいファイルを選んでください。
XSIはファイルが更新されると、勝手にXSI側で読み込み直しをするので、「更新」機能はありません。

テクスチャー修正するのに、Picturesフォルダを開いて、どれだっけ~
とか、面倒だったんで作りました。
アクティブXからアプリを呼び出しているので、OSや設定によって、上手く動かない場合があるかもしれません。
その時は、作者もよく分からないので、諦めてください (ノ∀`) アチャー


では最後に、(・∀・)つここに置いておきます。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
Script[Frame Render Time] v1.3
あ~、なんかインフルエンザで寝込んでから、創作意欲が一気に↓!
なので、スクリプトをチマチマやってみた。

[Strato] Frame Render Time v1.3
めでたく? 1フレームだけじゃなくなったり
XSI_Scr30
表示オプション付けてみたり、色々やってみました。
XSI_Scr31
と言っても、まだまだ小規模ですし、手探りでやっているから仕様がワケ分からん。
もっとスマートな実装方法があるかもしれないけど、プログラムはほぼ素人なので、こんなもんだと思っておこう。

前のは削除して、改めてこいつをコピー・再起動で多分イケます。

では最後に、(・∀・)つここに置いておきます。

テーマ:3DCG - ジャンル:コンピュータ

TOP
あけおめ
あけましておめでとうございます。
今年の年越しは、近年まれに見る最悪の年越しでした~
年末から年始にかけて、インフルエンザにかかり、5日間の寝込み正月!
こんなん初めてだ~!
どうしようもなくて、大晦日に休日診療所に行けば、チョ~混み!
ちらっと聞こえた話には、微熱で念の為に来たって人も…
俺は39°でイスにブッ倒れて待ってんのに、微熱で来んな~!
あ~、新年用の絵は、何も用意できなかった orz

今年は何しようかな。
TOP

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。